物への思い入れの変化 お気に入りがしっくりこなくなった時

f:id:mameimokuri:20170605112339j:plain

 

春から夏の季節に大活躍していたトートバッグ。

 

手持ちの春夏服にオールマイティに合わせられて、水筒や子供の着替え、A4サイズのファイルなどを入れても余裕があって、私にとっては万能選手のバッグ。

 

購入してから4回目の春、つまり4年目を迎えました。

 

4月に入ってから、クローゼットから取り出し、ちょっと眺めてみた時、

 

明らかにくたびれて、使い古された感じに見えました。シミもあります。

 

f:id:mameimokuri:20170605112442j:plain

 

「今シーズン使い切ったら、もう捨てよう。オフシーズン、せっかくしまっておいたのだから、今年の夏いっぱいは役に立ってもらおう!」

 

そう決めて使い始めて早2か月。

 

やっぱり日々のコーディネートに合わせやすくて、荷物を入れるのにも便利で使用頻度は高め。

 

でも、何かしっくりこない。

 

というか、このバッグを持っていてもワクワクしないのです。

 

心のどこかで、くたびれて、使い古されたバッグ持っているという意識があるのでしょう。

 

薄着の季節、重ね着をしない分、ファッションがシンプルになるからこそ、バッグなどの小物の存在がポイントになりますよね。

 

そのバッグを持つことにワクワクできない自分に気づいたとき、やっぱりもうお別れのし時なんだと決心がつきました。

 

今シーズン使い切ってあげることはできなかったけど、精一杯のありがとうの気持ちをこめて清く処分することにします。

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ あたたかい暮らしへ
にほんブログ村